琉球八社や沖縄限定の神様まで!沖縄県の厳選おすすめ御朱印紹介

琉球八社をはじめ沖縄県でいただける珍しい御朱印をご紹介します


沖縄といえば日本有数の観光スポット。それに加え歴史的にも本州とはまた違った文化を築いてきました。今回はその沖縄県で御朱印をいただけるおすすめ社寺を琉球八社をメインにご紹介していきます。

沖縄県の御朱印のいただけるおすすめ社寺①

波上宮

琉球八社の一つ、波上宮(なみのうえぐう)です。御祭神は伊弉冉尊 (いざなみのみこと)速玉男尊 (はやたまをのみこと)事解男尊 (ことさかをのみこと)の3柱です。

速玉男尊は伊奘諾尊(いざなぎのみこと)が伊弉冉尊を黄泉国へ迎えに行ったとき、見ないでほしいと言われたのに見てしまったせいで別れることになってしまいます。その約束をする際に吐いた唾が速玉男尊になったといわれています。

住所:沖縄県那覇市若狭1-25-11
電話:098-868-3697

沖縄県の御朱印のいただけるおすすめ社寺②

沖宮

沖宮(おきのぐう)の御祭神はもともと一本の霊木だったそうです。15世紀中頃に時の琉球国王が那覇港で一本の光り輝く木を見つけ社寺を建てて祀ったそうです。それが現在の沖宮になりました。

元々の御祭神は霊木でしたが、今は天受久女龍宮王御神(てんじゅくめりゅうぐうおうおんかみ)や他の神々が祀られています。この天受久女龍宮王御神は琉球に伝わる名称で、本州でいうところの天照大神にあたると言われています。

住所:沖縄県那覇市奥武山町44
電話:098-857-3293

沖縄県の御朱印のいただけるおすすめ社寺③

識名宮

識名宮(しきなぐう)の御祭神は伊弉册尊 速玉男命 事解男命 午ぬふぁ神 識名権現(女神)の5柱です。午ぬふぁ神というのは午の方角の守り神のことですが詳しいことはわかっていない不思議な神様です。本殿の瓦には鬼瓦が使われています。

この識名宮には駐車場が2台しか停められないため、少々訪れるには骨が折れますが琉球八社の一ということでせっかくですから訪れておきたい神社ですね。お正月には臨時の駐車場が増設されるそうです。

住所:沖縄県那覇市繁多川4-1-43
電話:098-853-7225

沖縄県の御朱印のいただけるおすすめ社寺④

普天満宮

沖縄さん(@tkcymd)がシェアした投稿 -

普天満宮(ふてんまぐう)は別名「普天間権現」と呼ばれています。これは1450年ころに熊野権現を合祀したことから始まったものです。沖縄中部最大の聖域として地元の人々からの信仰も厚くなっています。また宜野湾市唯一の神社でもあります。

普天間宮の裏手には鍾乳洞があります。この洞窟からは3000年前の遺物や、20000年前に生息していた動物の化石も見つかっています。鍾乳洞は全長280mほどの規模でそのうち50mについては一般の方でも無料で入ることができます。

住所:沖縄県宜野湾市普天間1-27-10
電話:098-892-3344

沖縄県の御朱印のいただけるおすすめ社寺⑤

末吉宮

末吉宮(すえよしぐう)は末吉公園内にある神社です。本殿までの石段が結構しんどかったり、社殿の奥にある本殿に行くための小さなトンネルなど少し不思議な世界に迷い込んでしまった印象を受ける場所です。境内には立ち入り禁止の場所もあるようなので、案内はしっかり確認しておいたほうがいいでしょう。

住所:沖縄県那覇市首里末吉町1-8
電話:098-868-3697

沖縄県の御朱印のいただけるおすすめ社寺⑥

安里八幡宮


安里八幡宮(あさとはちまんぐう)は琉球八社の中で唯一の八幡様で、ご祭神も応神天皇、神功皇后、玉依姫命となっています。八幡宮は応神天皇を祀った神社のことで、応神天皇の母親である神功皇后(じんぐうこうごう)と玉依姫命(たまよりひめのみこと)を合祀していることが多いです。玉依姫命は特定の固有名詞ではなく、タマ(霊)が依りつく女性という意味で巫女のことを指しています。

第六代国王の尚徳王の時代に、鬼界島を征伐しようとしたところ鬼界島の守りが思った以上に堅固で攻め落とせませんでした。そんなときにあらわれた老人が「犬を先導にして、弓矢で鳥を打ち落としなさい」という言葉を残しました。尚徳王がその言葉通りにし、出発したところ海の上で小さな鐘を見つけました。その鐘を持ち帰り、鳥を射た場所に祀ることにしたということです。その場所が安里八幡宮になったと言われています。

住所:沖縄県那覇市安里3-19-14
電話:098-863-8716

沖縄県の御朱印のいただけるおすすめ社寺⑦

天久宮

天久宮(あめくぐう)の創建は15世紀ごろで、ある老人がある日法師と女性と出会いました。二人は山に住んでいると言いますが老人は不思議に思います。老人が様子をうかがっていると女性はなんと洞窟の中へ消えていってしまったのです。その事実を老人は王様に報告しました。王様が女性の消えた洞窟に調査に行き洞窟にお香を向けたところ自然に燃え始めました。王様は何か神の力が働いていると感じとりこの場所に神社を建てました。すると神託が下り、法師と女性が熊野権現と弁財天だということがわかったのです。

天久宮を訪れると朱い鳥居が目に入りますが、実はさらに下ったところに拝所があります。「泊之ユイヤギ御嶽」と記された巨石や弁財天などがあります。

住所:沖縄県那覇市泊3-19-3
電話:098-863-3405

沖縄県の御朱印のいただけるおすすめ社寺⑧

金武宮

chamisan77さん(@chamisan77)がシェアした投稿 -

琉球八社最後の一つはこの金武宮(きんぐう)です。琉球八社は安里八幡宮以外はすべて熊野権現を合祀していますので、御祭神は伊弉冉尊、速玉男命、事解男命ということになります。すでに覚えられた方も多いのではないでしょうか。金武観音寺の境内に鍾乳洞がありその中に金武宮があります。

この洞窟では沖縄県のお酒、泡盛が貯蔵されていて出入り口には泡盛を運ぶためのレールが通してあるのも特徴的です。洞窟の一番奥に金武宮の拝所があります。泡盛は金武酒造さんが管理していて泡盛を預けておくこともできるそうです。お酒好きの方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

住所:沖縄県国頭郡金武町金武222
電話:なし

沖縄県の御朱印のいただけるおすすめ社寺⑨

波上山三光院 護国寺

波上宮の隣にあるのがこの「波上山三光院 護国寺」です。こちらの護国寺は寺院では沖縄県では一番歴史が古いそうです。創建は1368年、鹿児島の頼重と言うお坊さんが布教のために創建したと言われています。

住所:沖縄県那覇市若狭1-25-5
電話:098-868-1469

沖縄県の御朱印のいただけるおすすめ社寺⑩

沖縄県護国神社

__さん(@fushingg90up)がシェアした投稿 -

沖縄県護国神社は日清、日露戦争以降、国のために殉じていった霊を祀っています。大戦でも多くの方が亡くなり、この場所に祀られています。戦没者の方への想いは何年たっても忘れてはいけないものです。

と同時に意外なイベントをこちらの護国神社では行っていました。その名もなんと「神社コン」。お寺や神社でおこなうことで女性も参加しやすいイベントになっているようで2015年から大人気となっているようです。カップルも多く生まれているということでこういうのもいいかもしれません。

住所:沖縄県那覇市奥武山44
電話:098-857-2798

少し不思議な雰囲気の沖縄の社寺を訪れてみてはいかがですか

Tomomi.Hさん(@ton_113)がシェアした投稿 -

いかがでしたでしょうか。沖縄の社寺は少し本州の社寺とは趣を異にしていますが、それがまた不思議な魅力を感じさせるものでもあります。沖縄といえば白い砂浜や首里城、美ら海水族館など観光スポットがたくさんありますが御朱印集めに出かけてみるのもいいかもしれませんよ。