開運スポットあり、御朱印集めに迷ったら東京十社巡りが吉!

東京十社って何?



御朱印巡りを始めると、まず迷うところは「どの神社やお寺にいけば良いんだろう?」というところだと思います。最初に訪れるのはお気に入りの御朱印帳のある社寺や、近くで有名なところを参拝してみるのがおすすめです。御朱印帳はあるし、近くの有名どころは大体回ったよ、という方には七福神巡りや札所巡りなどテーマを決めて巡るというのもおすすめです。
多くのところでは割合近場に設定されているので、場所によっては一日で回れます。
また七福神巡りなど周り終わると「満願」となって願いが叶ったり、御利益があったりと良いことづくめです。
今回は東京にある「東京十社巡り」についてご紹介します。


日枝神社

Hiromi Moriyaさん(@moriya_hiromi)がシェアした投稿 -

御祭神 大山咋神(おほやまくひのかみ)
最寄り駅 永田町
「山王さま」として親しまれています。本殿の両側には夫婦の猿神様が祀られていて、向かって右側がオス、左側がメスで、子供を抱えています。このメス猿の像をなでると運気がアップすると言う話もあります。

猿がいたるところに見られる日枝神社、御朱印帳もかわいい三猿のイラストが描かれています。ちなみに初めて私が御朱印帳をいただいたのはこの三猿の御朱印帳です。

住所:東京都千代田区永田町2-10-5
電話:03-3581-2471

根津神社


Iyen Garcia ♓️さん(@christian.coldwater)がシェアした投稿 -

御祭神 日本武尊
最寄り駅 根津
戦火にも耐えた「強運の神社」として有名な神社です。縁結びで有名な願掛けの「カヤの木」や乙女稲荷が有名ですよね。4月から5月に開催される「つつじ祭り」もぜひ見に行きたいイベントです。境内に咲き乱れるつつじに心奪われること間違いなしです。


願掛けのカヤの木は、この木に願いごとをするとカヤの木に住み着いている神の使いである白蛇がその願いをかなえてくれると言われています。また境内にある「乙女稲荷神社」は千本鳥居が見事な稲荷神社です。詳しくは以前取り上げた「7月15日にじいろジーンで開運福めぐりSP訪れたパワースポットまとめ」をご覧ください。

住所:東京都文京区根津1-28-9
電話:03-3822-0753

芝大神宮





主祭神:天照皇大御神・豊受大御神
芝大神宮は「関東のお伊勢様」として昔から親しまれています。関東大震災や東京大空襲により焼けてしまいましたが、1964年に今の形に復活しました。芝大神宮の御朱印は通常のものと、例大祭中に頂くことのできる特別なバージョンもありますのでぜひチェックしてみることをおすすめします。


芝大神宮は宝くじの発祥の地といわれていて、宝くじの関係者の方々も販売前にお参りに訪れるといいます。売っている方がお参りに来るぐらいですから、宝くじを買う前に芝大神宮に訪れて神頼みしてみてもいいかもしれませんね。

神田神社



神田神社という名称よりも「神田明神」という名のほうが知れ渡っているでしょう。江戸城の表鬼門(北東)を鎮守する江戸総鎮守の神社です。ご祭神は平将門命で、将門は朝敵だったため神格も低くされていましたが、関東を平定した勝負の神としてご利益があると言われ人気があります。


境内には「銭形平次の石碑」があります。銭形平次の住んでいた場所が神田明神の下にあったことから碑を建てたそうです。また同じく境内にある「江戸神社」は神田明神よりも歴史が長く「江戸最古の神社」と言われています。

住所:東京都千代田区外神田2-16-2
電話:03-3254-0753
最寄り駅:御茶ノ水駅

白山神社



御祭神:菊理姫命・伊弉諾命・伊弉冊命
東京都文京区白山にある神社で、白山という地名はこの白山神社が由来になっています。さらに「白山神社」というのはいまの石川県、白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)から勧請されたと言われています。白山比咩神社のご神体が白山であったことから白山神社と呼ばれるようになりました。

白山神社で特徴的なものといえば両目が金色に輝く狛犬とあじさい祭りです。どちらもぜひ訪れた時にチェックしていただきたいですが、さらにあじさい祭り期間中は神社裏手にある「富士塚」も開放されるため、訪れるときはあじさい祭り開催中の期間がおすすめです。

住所:東京都文京区白山5-31-26
電話:03-3811-6568

亀戸天神社



亀戸天神として有名な亀戸天神社のご祭神は菅原道真で、天神様によく置いてある「なで牛」の像も置いてあります。藤まつりがとくに有名で、開催時期には多くの人が訪れます。太鼓橋や大きな池がきれいで、日本庭園として観賞するのも大変楽しいですよ。


住所:東京都江東区亀戸3-6-1
電話:03-3681-0010

品川神社



御祭神は天比理乃咩命・素盞嗚尊・宇賀之売命
1187年に源頼朝が海上交通の安全を祈願して、洲崎明神の天比理乃咩命を迎えたことから始まっています。境内には「品川富士」と呼ばれる富士塚があります。今ほど金銭的にも環境的にも富士山に登ることができなかった人たちが大勢いたため、代わりにこの品川富士に登ってご利益を得ていたといわれています。


品川富士は2分ほどで山頂まで行けるので、実際に富士山に登る機会がなかった人も富士山に登ったことがあると自慢できますよ。また品川神社の見どころは鳥居も見過ごせません。龍が彫刻された鳥居は珍しく双龍鳥居といわれる鳥居で東京三大鳥居の一つにも数えられます。

住所:東京都品川区北品川3-7-15
電話:03-3474-5575

富岡八幡神社



富岡八幡宮はかつて長盛法印(ちょうせいほういん)というお坊さんが、夢でこの場所に八幡様を祀りなさいというお告げを聞いたことで社殿を造ったことが始まりです。八幡様ということでご祭神は応神天皇となっています。また「江戸最大の八幡様」としても知られています。


関東大震災、戦争の戦火でも焼けることのなかったイチョウがパワースポットとなっています。活力アップ、縁結びにご利益があるそうです。また江戸時代の測量士として多くの人が知っている伊能忠敬の銅像があります。近くに住まいのあった伊能忠敬は測量の旅に出発する際には必ずこの神社にお参りに来ていたそうです。

住所:東京都江東区富岡1-20-3
電話:03-3642-1315

王子神社


Kumi Moritaさん(@kun)がシェアした投稿 -

「王子権現」ともいわれる東京都北区にある神社です。ご祭神は伊邪那岐命・伊邪那美命他5柱です。1322年に熊野から王子大神を勧請した際に王子という名称になり、付近の地名にもなりました。


境内には百人一首で有名な「蝉丸」を祀った関神社があります。この神社には「毛塚」という珍しい石碑があります。これは蝉丸が逆髪に嘆く姉のためにかつらを考案したという逸話から「髪の祖神」と呼ばれるようになったためです。そのため今でも髪に悩む男性の髪頼みの聖地となっています。

住所:東京都北区王子本町1-1-12
電話:03-3907-7808

赤坂氷川神社


MITSUO SUZUKIさん(@mitsuosuzuki)がシェアした投稿 -

氷川神社は全国に多くありますが、こちらの赤坂氷川神社は東京では最大の氷川神社といわれています。ご祭神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)と奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)他の3柱です。ヤマタノオロチの伝説で有名な素盞嗚尊を祀っているだけあり、オロチから奇稲田姫命を助け、妃としたことから縁結びの神様としても知られています。


赤坂氷川神社のパワースポットといえば「しあわせ稲荷」です。明治時代に4つの稲荷を合祀したことから正式には「四合稲荷」と書くそうですが「しあわせ稲荷」が縁起が良いと名付けたのはあの勝海舟。それ以来、縁結びのパワースポットとして女性から人気を集めています。当時の人のセンスには脱帽ですね。

住所:東京都港区赤坂6-10-12
電話:03-3583-1935

東京十社を巡ってみよう


いかがでしたでしょうか。御朱印帳は調べれば多くのサイトで見つかりますので、調べてみて良いなーと思ったデザインの御朱印帳がある神社、お寺で御朱印をいただけば御朱印帳と御朱印が同時にいただけるので大変お得です。
有名な神社やお寺はだいたい御朱印をいただけるので、初めてにはお誂え向きです。そういった場所の方が、社務所の方や寺務所の方も対応に慣れています。
東京近郊で御朱印巡りに行く場所に迷ったら、東京十社の神社を巡って御利益を授かりましょう。